薄毛・肥満・痩せすぎ・体臭など、コンプレックスに負けない対策ブログ。

コンプレックスに負けないブログ

汗の悩み

顔に使える制汗剤で顔汗は止まる!?【驚きの効果と口コミ】

投稿日:

私はひどい汗っかきで、すぐ顔に汗をくと、滝のように汗が流れてしまうほど。
姉といると「なんでそんなに汗をかいているの?」と聞かれるほど……。
顔にも使える制汗剤ってあるのかしら?
ネットで色々探してみると、「サラフェプラス」がお手軽で効果があるみたい。
朝にサラフェプラスをぬったら、一日メイク崩れしないんだとか。
さっそくサラフェプラスを取り寄せて、使ってみることにしました。

サラフェプラスと一緒に、サラフェプラス読本が入っていました。
この読本には、サラフェプラスの使い方が写真つきで載っています。
顔用の制汗剤を使うのは初めてなので、丁寧な説明書があるのは嬉しいです。
サラフェプラスの容器は、10㎝ほどの大きさ。
市販の日焼け止めクリームと同じぐらいのサイズです。
この1本は30g入りで、約1ヵ月分の量になるんですって。

汗をかいて恥ずかしい場所の第1位は「顔」なんだとか。
第2位が「脇」、第3位が「背中」で、顔汗に悩んでいる人は多いんだそう。
顔用の制汗剤サラフェプラスは、汗を抑える効果のあるフェノールスルホン酸亜鉛を配合。
フェノールスルホン酸亜鉛には、汗に吸着して流れ出ないようにする働きがあるんだとか。
毛穴をふさいで汗を止めるのではないので、肌への負担が少ないとのこと。
顔の汗を止めるサラフェプラスをぬっても、ニキビや肌の炎症が起きる可能性が低いんですって。

サラフェプラスは、朝の洗顔後すぐに使うんだそう。
洗顔→サラフェプラス→UVケア→メイクの順番とのこと。
サラフェプラスはオールインワン化粧品と使えるほどの保湿力なので、サラフェだけでスキンケアはOK。
でも保湿効果が足りないと感じる場合は、乳液や美容液をサラフェプラスの後に使うんだそう。
サラフェプラスの前に油分のある乳液などを使うと、顔の汗を止めることができないんですって。

サラフェプラスは、日中のメイク直しのときに使うのも効果的。
汗などの水分をよくふき取ってから、サラフェプラスをぬるとのこと。
肌を擦らず、トントンと叩くようにぬるのがコツなんだとか。
メイクの上からサラフェプラスを重ねてぬれば、一日中メイクが崩れないんですって。

サラフェプラスは、白色のジェル。
とてもみずみずしくて、やわらかな触り心地です。
ジェルの匂いを嗅いでみると、少し爽やかな香りがするような。
サラフェプラスは着色料・合成香料などの添加物は不使用とのこと。
原料を見るとメントールが入っているので、そう言われればメントールのような。
化粧品独特な強い香りではなく、控えめないい香りがします。

サラフェプラスを指で触ると、スルスルと広がっていきます。
真っ白なクリームに見えるけれど、触った感触はみずみずしいジェル。
肌に負担なく、サラフェプラスをぬることができそうです。

サラフェプラスをぬった後の肌は、しっとりと潤っています。
オールインワン効果があるというので、確かにサラフェプラス1つでも大丈夫かな。
汗をかきやすい鼻の下や口周りには、サラフェプラスを2度ぬりするのがいいんだとか。
サラフェプラスを重ねぬりすれば、もっと肌がしっとりしそう。
最初は肌がツヤツヤしているけれど、ジェルが乾くとサラリとした肌ざわり。

顔に汗をかきやすくて、滝のように汗が流れるのが悩みです。
私だけが汗をかいてる中、緊張すると顔の汗が書類に滴り落ちて困っていました。
そこで、顔用の制汗剤「サラフェプラス」を使ってみることにしました。
朝と昼にサラフェプラスをぬると、顔の汗が出なくなってビックリ!
汗がピタリと止まることはないですが、汗が滴り落ちることはなくなった気がします。
汗の量が減るとストレスが減るので、気持ちもとっても楽。
肌へのトラブルがないし、顔の汗が出ににくなって使いやすい。
人それぞれ個人差があると思うけれど、私にはあっているみたいです。
もう少しサラフェプラスの量が多いといいな。
昼間も重ねぬりしているので、あっという間に1本使い終わりそうです。

-汗の悩み

Copyright© コンプレックスに負けないブログ , 2018 AllRights Reserved.