薄毛・肥満・痩せすぎ・体臭など、コンプレックスに負けない対策ブログ。

コンプレックスに負けないブログ

ムダ毛の悩み

ムダ毛処理にはパイナップルローション!パイナップル酵素が毛根に作用

投稿日:

中学生になる娘は、腕やすね毛などのムダ毛が濃く、すごく気になっている様子。
「エステで全身脱毛したい」と言うのですが、学生なのでそこまでお金をかけるつもりはりません。
敏感肌にもおすすめムダ毛処理の方法を探していたところ、パイナップルローションが良さそう。
パイナップル酵素がたんぱく質を溶かすので、毛がやわらかくなるんだとか。
ネットで口コミのいい「パイナップル豆乳ローション」を買ってみようと思います。

パイナップル豆乳ローションが届きました。
容器は、いつも子供が使っているニキビ用化粧水ぐらいの大きさ。
約12㎝ほどの大きさで、手のひらサイズのボトルです。
プラスティック製のボトルなので、軽くて割れないのがいいですね。
シンプルなデザインは、ムダ毛用ローションに見えなくていい感じ。
これなら、思春期の娘も人目を気にせず、安心して使うことができそうです。

パイナップルには、パイナップル酵素のプロメラインという成分が入っています。
プロメラインはたんぱく質を分解する働きがあるので、ムダ毛を弱らせる働きがあるんだそう。
プロメラインがムダ毛の毛根に作用して、スルリと抜けやすくなるんですって。
また、豆乳由来の大豆エキスには、女性ホルモンに似たイソフラボンが多く含まれているとのこと。
女性ホルモンを補うことで、ムダ毛が生えにくい効果を期待できるんだとか。
大豆エキスには保湿効果もあるので、うるおいのあるツヤ肌になれるんだそう。

パイナップル豆乳ローションは、水のようにシャバシャバした化粧水。
手に出すとこぼれ落ちそうになるほどのみずみずしさです。
トロミや匂いは全くないので、軽い感じでつけられそう。
少し黄色みがかったローションだけど、水のような使い心地。
肌にも刺激がなく、娘の足にも安心して使うことができそうです。

パイナップル豆乳ローションをぬると、肌がしっとり。
いくらでも肌に浸透するので、重ねづけしたくなります。
ぬった後の肌にベトベト感はなく、しっとり保湿されてサラサラしてます。
肌がヒリヒリしないし、すぐに肌に感じがいいです。
パイナップル豆乳ローションを使う量は、両ひざ下で1本を使いきるのが目安とのこと。
2~3回ほど重ねぬりして、角質層までしっかりと有効成分を送りこむのがコツなんだそう。

パイナップル豆乳ローションのムダ毛ケアはとても簡単。
1日1回、パイナップル豆乳ローションをぬるだけ。
普通の化粧水と同じように使えるので、肌に負担がないのが魅力です。
今回は手足を中心にケアする予定ですが、体中どこでもぬっていいとのこと。
ワキ毛ケアはもちろん、顔のうぶ毛やヒゲにぬってもいいんですって。
パイナップル豆乳ローションで効果を出すためには、惜しまずたっぷりぬることが大切。
使い続けていると、約6割の人が半年以内に効果を実感するんだそう。

パイナップル豆乳ローションを使い始めて1ヵ月。
まだあまり効果は出ていませんが、いい感じだと思います。
脱毛クリームではないのですぐに効果があるわけではないとわかっていますが、娘には待ちきれない様子。
でも、ローションの保湿効果のお蔭で、ガサガサだった肌がツヤっぽくなった気がします。
ツルツルな手触りの肌には、満足しているみたい。
パイナップル豆乳ローションは肌に負担なく、子供にも使いやすいのが魅力。
続けることでもっと抑毛効果を実感できると思うので、諦めずに使い続けようと思います。

-ムダ毛の悩み

Copyright© コンプレックスに負けないブログ , 2018 AllRights Reserved.